I
自分のケア、他者へのケア

自分で選択した看護という仕事を、真正面から楽しむ

「大変」と言われがちな看護の仕事ですが、それはただ表面的なものの見方です。

共に笑い、悩み、考え、これ程までに人を探求し、人がもつ計り知れないエネルギー、深さ、変化、不思議さを感じられる職業はないでしょう。

訪問看護師という職業にしか味わえない喜びや感動があります。それは、日常のほんのひとこまに隠されています。

私たちが大切にしていること

元気でイキイキ

私たちの訪問が「安心」「ほっとする」「リラックスする」「元気になる」ためには、まずは私たち自身が「健康」でいることが必須条件です。そのために、明るく、楽しく、生き生きと仕事できる環境を整えています。

 

『看護のような仕事においては、忙しくてもう頭も手もいっぱいといったときに、もし神と隣人とに対する真剣な目標を心の中にもっていないとなればーたとえうわべは隣人に尽くしているように見えてもー決して彼らのためにも神のためにも尽くしてはいず、もっぱら自分のためだけで終わっているといった事態が、いともたやすく起こりうるのです。』(F.ナイチンゲール)

ありのままを受け止める

入院をきっかけに身体の機能が低下し、退院後「これまで通りの生活が送れるだろうか」「家族に迷惑をかけてしまわないだろうか」と不安に感じている方は多くいらっしゃいます。

これまでどのような思いで治療や入院生活を送って来られたのか、在宅で過ごすことへの思い、どんな支援を希望し、必要とされているのか、ご家庭により違います。その思いに寄り添い、最善を尽くすことが役目です。

 

「今」という時間には必ず意味があります。

ご本人にとっても、ご家族にとっても、そして、私たち、関わる全ての方たちにとっても、かけがえのない時間です。

チームケア

ナイチンゲールの看護論をベースにした看護を展開

看護の基本となるもの

・ ケアの5つのものさし 

1. 生命の維持過程 (回復過程) を促進する援助  
2. 生命体に害となる条件・状況を作らない援助
3. 生命力の消耗を最小にする援助
4. 生命力の幅を広げる援助
5. もてる力・健康な力を活用し高める援助     

(KOMI理論 金井一薫)
 

看護とは

「病人の看護」と「健康への看護」はいずれも自然が健康を回復させたり健康を維持したりする、つまり自然が病気や傷害を予防したり癒したりするのに最も望ましい条件に生命をおくことであり、それは「生活の処方箋」を描き、生活過程(環境、睡眠、食事、排泄、清潔、ADL,聴く、視る、快・不快、気分、感情、知的活動など)を整えていくための実践活動である。

 

ケアとは

生活にかかわるあらゆることを創造的に、健康的に整えるという援助行為を通して、小さくなった、あるいは小さくなりつつある生命(力)の幅を広げ、または今以上の健康の増進と助長をめざして(時には死に行く過程を、限りなく自然死に近づけるようにすることも含まれる)、その人のもてる力が最大に発揮できるようにしながら、生活の自立とその質の向上を図ることである。

(金井一薫)
 

病気とは何か

すべての病気は、その経過のどの時期をとっても、程度の差こそあれ、その性質は回復過程で会って、必ずしも苦痛をともなうものではないのである。つまり病気とは、毒されたり衰えたりする過程を癒そうとする自然の努力のあらわれであり、病気とは健康を妨げている条件を除去しようとする自然の働きである。それは癒そうとする自然の試みである。われわれはその自然の試みを援助しなければならない。

「しいの木」の看護が楽しい理由


その方のもっている力、もてる力を見極めるところからはじまるプラス思考の看護

病気をフォーカスするのではなく、その人と生活を尊重する看護

治療ではない「生活の処方箋」を考え実践する看護

健康な力を看護の力で引き出すケアの実践

看護を通して学び、自分のために実践する看護

新着求人

  • 更新日:2020年01月15日

    訪問看護師(パート)募集

    雇用形態 パート
    地域 東京都中野区新井2丁目34-7
    給与

    訪問1件(30分~1.5時間)あたり3,100円~4,600円

    病気や障害により、日常生活を送る上で何らかの支援を必要としている方のご自宅に伺い、必要な看護ケアを提供します。

Recruit

募集要項

アイコン